2歳の子供の偏食がひどい

相談者

川口市在住主婦

相談内容

2歳の子供の偏食がひどく、一歳半検診で発達障害の可能性があると言われた。ほとんどのものが食べられず、どこに相談すればいいのか分からない。

相談結果

子供の偏食に対しては、未就学児に対する療育の必要も考え、児童発達センターを紹介。また相談者の疲弊がひどかったので、相談者のメンタルケアも含めてチャイルド・ギフトを紹介した。チャイルド・ギフトでは子供の病院も紹介した結果、のちに自閉スペクトラムの診断が下った。
相談者は現在もチャイルド・ギフトでカウンセリング等を継続中。偏食に神経質にならないようにさせている。
子供の偏食に関して、こだわりは強いが現在は食べられるものから食べさせて改善されている。